日本極道戦争 第七章

相馬組組長・相馬仁(小沢仁志)は神征会乗っ取りを企んだ御大・酒井敬三との決着を付けたその足で三代目会長・矢島剛一(蛍雪次朗)のもとへ出向き、同門殺しの件を問いただした。一方、阪神連合の村雨(赤井英和)は酒井の御大が殺された事で、相馬組と抗争をする準備をするが、会長の張本(桑田明彦)が策を仕掛ける。本部の定例会に顔を出さなかった相馬組と阪神連合。舞台を高知に移し、相馬組と阪神連合の抗争が幕を開ける。

日本極道戦争 第七章
  • 小沢仁志
  • 阿部亮平
  • 桑田昭彦
  • 武田幸三
  • 彩川ひなの
  • 島津健太郎
  • 仁科克基
  • 吉田由一
  • 友和
  • 宮本大誠
  • 桝田幸希
  • 速水今日子
  • 上西雄大
  • 芳野史朗
  • 萩野崇
  • 浜田晃
  • 赤井英和
  • 螢雪次朗
  • 山口祥行
  • 監督:港雄二
  • 脚本:OZAWA、神木雄司